過去記事一覧

TOP

20年以上前、消費者金融は「サラ金」と呼ばれていました。

  • 10年、いや20年くらい前は、世間では消費者金融のことを「サラ金」と呼んでいました。「サラ金」という言葉は、サラリーマン金融という言葉を略しているのですが、消費者金融がサラリーマンを相手にしている金融業者、であるということから「サラ金」と言われていました。この頃は、高い金利でお金を貸すという事実もあり、世間からすると印象は悪いものでした。この時期の悪いイメージをしてしまう昭和の時代の人たちからすると、ここ最近の、消費者金融の世の中への浸透具合に、かなりビックリする人も少なくないでしょう。「銀行」と経営を連携するようになり、信用度も前よりもアップしています。さらに、安定したことで金利も銀行のような低金利を採用している金融業者もかなり増えています。おまけに、契約の際の審査も緩めで、即時融資にも対応してくれるます。なので、急にお金が必要になった場合には、銀行よりも「消費者金融」のほうが頼りやすい場面も増えっつあります。

  • 過去記事一覧