過去記事一覧

TOP

お財布がピンチの時、それが少なかったとしても友人もしくは知人などか・・

  • お財布がピンチの時、それが少額であれ友人、知人から借金をしてしまうと、状況次第では友好な関係が終わってしまう、なんておそれがあります。これは、自分が貸す側になった場合であっても同じことです。ですから、自身がその立場に立たされた際には、少々、そういった意味での覚悟は必要だと思います。普通に考えると世の中に、他の誰かに自分のお金を貸したい、なんて思っている人はまずいません。これまでの良好な付き合いがあるからと言って約束通り貸したお金が返ってくる確証自体あるワケもないです。それに、業者のように利子付きで貸し出すこともないので、正直なところ、リスクはあれど、メリットがありません。もしも、この先、お金のやりとりで周囲に迷惑を掛けたくないのなら、周りに頼らずキャッシングに頼るほうがいいと思います。ここ最近では、金利も低くなり急ぎの際にも便利です。

  • 過去記事一覧