過去記事一覧

TOP

キャッシングにおいて、今現在の金融制度の礎となる言葉が…

  • キャッシングサービスに置いてですが、今の金融制度のもととなる言葉が存在するのですが、それは何かと言うと、1960年代に出た団地金融というものです。この団地金融という言葉が生まれた1960年代にキャッシングが日本で広く認知されることとなりました。この言葉が登場した1960年代では、今とは違って団地に住むためには、ある程度の高所得な仕事をしていないと叶わないものだったのです。この現実を形容言葉として「団地金融」と世間が言うようになったのです。そこそこ生活水準がなければ、(1960年代は)団地に住む権利がない、つまりは、満足できる経済力がないと結果、審査の時点で利用拒否される最近のキャッシング制度によく似ています。

  • 過去記事一覧